【ほりほり】 立ちゴケの代償…

先日のダムポタリングの際にド派手に立ちゴケしてしまい
それからリアディレイラーの調子が悪くなったので
お店で調整してもらうことに。

しばらく見てもらってたところ

「これ、リアエンドの部分が曲がってしまってますね~」

というショッキングなお言葉…

DSC_3051.jpg

よーく見ると確かに内側に入り込んでしまっているような…
救いだったのが、クロモリなので多少の曲がりだったら治せるとのこと。


「えっ? そんなものなの?」


と正直驚きましたが、今度時間があるときにでも
治してもらおうっと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自転車では知りませんでしたがバイクや車では鉄は曲がっても治せる、アルミは曲がるとそのままXが定説のようです。

この程度の曲がりでフレーム全損って言われたらかなりへこみますね。
直るようで何よりですね!

それって、リアエンドよりディレイラーの方が頑丈だったって事ですか?

>たつさん
そうなんですね!
初めて知りました。
立ちゴケには充分注意したいと思います(^_^;)

>NOBUさん
ディレイラーにもキズがありましたが
リアエンドのほうがダメージが大きかったって事ですね。
詳しい事は分かりませんがとにかく直ればいいデス★

あらぁ、重症だったんですね。
しかしリアエンドはある程度曲がるように造られてます。
カーボンだと、そこだけ折れるようになってますよ。
当然、交換は可能です。
しかし、クロモリで良かったですね、お互い(汗)

>ボードマンさん
そうなんです!
こんなところでクロモリの恩恵にあやかれるとは(・∀・)
しかしカーボンは予め折れるようになっているとは驚きです!
本当に博学ですね~♪勉強になります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。