4月12日 讃岐うどん食べ歩きツアー

早朝5時15分集合、まだ眠い目をこすりながら次々とメンバーが神戸港に集合。
OTWイベントとしては最多の9名が参加

今回の主旨は、フェリーで四国まで乗船し、本場・讃岐うどんを舌鼓
そしてリーダーがどうしても立ち寄りたいとのわがままから
「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地にも立ち寄りツーリングも楽しむというもの。

DSC_0143.jpg
まだ薄暗い水平線から太陽が昇ってくる
この幻想的な雰囲気はなかなか体験できません。

DSC_0149.jpg
今回は神戸~高松間を約3時間半で結ぶ「ジャンボフェリー」を利用
自転車と乗員(1名)で往復3,890円。
かなり大きな船で設備もなかなかのものです。
海からの潮風が何とも気持ちがいい

DSC_0158.jpg
集合時間が早かったので、みんな横になってしばし睡眠タイム。
しかしこれだけ並んで寝ていると妙な光景ですね

CIMG8079.jpg
朝10時すぎに、無事高松港に到着~
まずは一軒目の目的地であるうどんの名店「しんせい」に向かいます。
4月とは思えない日差しの強さで、結構暑い
よーく寝たせいでお腹も空いてきました。



CIMG8082.jpg

DSC_0175.jpg

DSC_0176.jpg
ここ「しんせい」はうどん屋らしからぬ、オープンテラスもあるユニークなお店。
とは言え、うどんの味はしっかり本格派

DSC_0169.jpg
コシのある麺はモチモチとしていて、喉ごしも抜群。
トッピングのかき揚げと合わせても500円程度ととってもリーズナブル。
中サイズ(1.5玉)を頼んだのですが、あまりのボリュームにびっくり

CIMG8178.jpg
何を注文するか本当に悩みます。。。
温玉をトッピングしたのも捨てがたい。



CIMG8121.jpg
お腹もいっぱいになったところで、次なる目的地。
「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地でもある、香川県の屋島半島に向かう。
かなりアップダウンの多い丘陵地ではあるが
美味しいうどんをたらふく食べて元気いっぱいで走る走る

CIMG8166.jpg
坂道にさしかかると意味もなく競争が始まる。
年齢の差を超えて童心に戻れるのが自転車のいいところ

CIMG8141.jpg
ヒルクライム仕様のオルベアONIXを駆って急坂を走り抜けるリーダー。
しかし体力が続かないのが弱いところ。。。

DSC_0203.jpg
山を下ると、青い海が広がる景観に遭遇。
絶景を眺めながら走ると疲れも吹き飛んでしまいます。
さすがに9台の自転車が並ぶとサイクリングチームって雰囲気がしますね~

DSC_0182.jpg
老若男女、ただ自転車が好きなメンバーが集まって
同じ体験を共有するだけで、仲良くなれるんですね。
気兼ねなく語り合えるメンバーとの時間が何とも心地よい


CIMG8109.jpg
あまりに気持ちがいいので、思わず立ち寄って休憩してしまいました。
しかしっ
ここでトラブルが発生

DSC_0224.jpg
なんとリーダーとゆーたろうが接触してしまい、ゆーたろうの後輪がパンク

DSC_0226.jpg
しかし、こんな時に頼りになるのが、自転車経験が豊富なメンバーたち。
いとも簡単に修理する手際の良さは、何とも鮮やか。
ゆーたろうには申し訳ないけど、パンク修理の一部始終を経験して
また、ひとつ勉強になりました。


DSC_0238.jpg
抜けるような青い空をバックにすると、何故か普段より2割増しでかっこよく見えちゃうんですよね(笑)

DSC_0259.jpg
あまりの気持ちよさに、意味もなくエビ反るヤツも

DSC_0262.jpg
きっと「世界の中心で愛」を叫んでいるつもりなんでしょうね。。。
しかし、うるせーよ



DSC_0268.jpg

DSC_0270.jpg
続いて2軒目のうどん店に到着。
ふらっと立ち寄ったお店なんだけど、讃岐にあるうどん店はどこも旨い

DSC_0271.jpg
思わずメンバーの表情も笑顔になってしまいます。
愉快な仲間達と旨いもんを食べるって幸せですね~



CIMG8198.jpg
さて、楽しかった讃岐うどんツアーもいよいよ終わりの時間が。
あとはフェリーに乗って神戸に帰るだけ。
最後にかるーく流しながら高松市内に向かいます。

しかーし
我がOTWのこと、このまま簡単に帰れる訳がありません。

自身たっぷりで先導していたリーダーが、急にオロオロし始めたではありませんか。
どうやら道に迷ったようです。
フェリーの出航時間まであと15分!ヤバイ!

ここで活躍したのが、自転車用GPS。
これを頼りにフェリー乗り場までラストスパート。
これに乗り遅れると神戸に到着するのは深夜。
みんな必死の形相で走る走る


CIMG8214.jpg
出港のわずか3分前に無事全員到着
まさにぎりぎりセーフでした。
興奮状態のメンバーは何故かハイテンションなノリでポーズ。

CIMG8294.jpg
夕暮れの空もまた違った趣があって感慨深いです。
旅の終わりの切なさと、走りきった満足感が入り交じっています。


DSC_0278.jpg
夕暮れのたそがれと、女性のシルエットがなんとも幻想的
自然って時に人を詩人にしてくれるんですね。

DSC_0320.jpg
いよいよ、見慣れた神戸の夜景が近づいてきました
やっぱりこれを見ると帰ってきたなーとホッとします。

結局、走行距離は40km程度でしたが、アップダウンあり、思わぬトラブルあり
観光やグルメも目一杯楽しめて、満足度の高いツーリングでした。

さぁーて、次はどこに行こうかな

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

更新お疲れ様です!
ほんとに楽しかったです♪
写真も一枚一枚が、いい感じですね!
またの走行会を楽しみにしてまーす!

あらためて、楽しかった時間をを思い出しました。

次はどこにしましょうか?(笑)

記事のアップ、お疲れ様でした!
楽しかったですね~~^^

次の行き先決めないといけませんね!
もうスグ、、、アップ出来るので宜しくお願い致しますネ!ヾ(^▽^)ノ

楽しさが伝わってきますね。
UPお疲れさまです。

個人的にはフェリー乗船直後の『がっつぽーず』が
いい感じ♪

今度は皆でえびぞりをv-229
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。